【バスタインターネット川柳】受賞作品のご紹介

2018.12.14

皆様、こんにちは、はじめまして。

8月1日のバスタ事業移管に伴って、バスタとともにBASFジャパンに転籍して参りました前田です。
早いもので今年も残すところあと半月。年々時間の経過が速く感じる今日この頃です。

そんな中、除草剤「バスタ液剤」も御多分に漏れず、今年で発売開始からあっという間の31年。

30周年の前後1年間も含めた2016年からの3年間、
「大切な作物への思い」をテーマに「作物の栽培」や「雑草対策」など
日常で感じたこと・思ったことを川柳にしてご応募頂く「インターネット川柳」企画を実施しておりました。

3年連続の企画の最終年にふさわしく趣向を凝らした傑作が勢揃いのなか、見事最優秀賞として選ばれたのがこちら!

『枯らすより 実らすために 撒くバスタ』
(三重県・男性)

農薬というとネガティブなイメージを抱く方も多い中、本来の目的と役割とを見事に表現した素晴らしい作品なのではないでしょうか。

ご応募いただいた皆様、ありがとうございました。

その他の作品も特設サイトにて公開させて頂いておりますので、ご覧になりたい方はこちらへ。

BASFジャパンでは、こうしたキャンペーンも通じて、農薬に対する正しい理解や使用法を普及して参りますので、2019年も引き続き宜しくお願い致します。

それでは皆様よいお年をお過ごし下さい。

マーケティング部:前田

 


  • この記事いいね! (27)