【プレスリリース】BASF、バイエルの野菜種子事業の買収を完了

2018.08.22

BASFはこの度、主にNunhems®ブランドで世界的に販売されているバイエルの野菜種子事業の買収を完了しました。

プレスリリースの本文はこちらをご覧ください。

コーポレートアフェアーズ本部:北原

 

  • この記事いいね! (3)

【プレスリリース】BASF、バイエルの事業および資産の買収を完了

2018.08.03

BASFはこの度、バイエルからの様々な事業、資産の買収を完了しました。

今回の買収によって、BASFは農薬、バイオテクノロジーおよびデジタル農業分野における活動を戦略的に補完し、種子、非選択性除草剤、殺線虫剤の種子処理分野に参入します。

また、農業分野における事業拡大に伴い、BASFは「農薬事業部」を「アグロソリューション事業部」へと改名しました。

プレスリリースの本文はこちらをご覧ください。

コーポレートアフェアーズ本部:北原

 

  • この記事いいね! (6)

【プレスリリース】BASF、殺虫剤のポートフォリオを拡充

2018.06.20

BASFは、農業用殺虫剤Inscalis®(インスカリス®)がオーストラリアとインドで登録を完了したことを発表しました。今後さらに米国、カナダ、メキシコ、中国、アルゼンチンでの登録取得を見込んでいます。

また、BASFは殺虫剤の有効成分、Broflanilide(ブロフラニリド)についても、すでに米国、カナダ、メキシコ、インド、オーストラリアの規制当局に書類を提出しており、今後数年で世界の主要市場での登録に向け、さらなる書類提出を行う予定です。

インスカリス®とブロフラニリドは、先駆的かつ非常に効果の高い殺虫剤の有効成分であり、これによりBASFの害虫防除製品ポートフォリオが拡充されます。

プレスリリースの本文はこちらをご覧ください。

コーポレートアフェアーズ本部:北原

 

  • この記事いいね! (5)

【プレスリリース】BASF、バイエルの種子と農薬に係る事業・資産を追加で買収することについて同社と合意

2018.04.27

BASFは2017年10月のバイエルとの合意内容に加え、バイエルがモンサント買収の計画の一環として売却する事業と資産を追加して買収することで同社と合意しました。新たに追加されたのは以下の事業です。

・Nunhems®ブランドで世界的に販売されているすべての野菜種子事業
・Poncho®、VOTiVO®、COPeO® 、ILeVO®の各ブランドで販売されている種子処理製品
・小麦交配種の研究開発プラットフォーム
・最新のデジタル農業プラットフォーム、xarvioTM  

この取引にはバイエルのオーストラリアにおける菜種事業、主に非農耕地で利用される欧州における特定のグリホセートを用いた除草剤、キャノーラ品質カラシナの研究、特定の非選択性除草剤と殺線虫剤研究プロジェクトが含まれます。

プレスリリースの本文はこちらをご覧ください。

   

コーポレートアフェアーズ本部:北原

 

  • この記事いいね! (7)

【プレスリリース】BASFジャパン、夏場のベントグラス管理に新しい提案、西洋芝向け新規総合殺菌剤の「オナーWDG®」を販売開始

2018.03.16

BASFは、ピラクロストロビンとボスカリドを有効成分とする芝生用の新規総合殺菌剤「オナーWDG®」を4月3日に販売開始することを発表しました。

「オナーWDG®」は西洋芝(ベントグラス)に発生する炭疽病やピシウム病、ダラースポット病など芝生の主要病害に対して優れた予防・治療効果を発揮します。

プレスリリースの本文はこちらをご覧ください。

オナーWDG®

夏場のベントグラス管理に新しい提案、西洋芝向け新規総合殺菌剤

コーポレートアフェアーズ本部:北原

 

  • この記事いいね! (7)