瀬戸田町 かんきつ

2017.10.12

かんきつのナリアWDGの試験で、広島県の瀬戸田町に行ってきました。
瀬戸田町には、いろいろな中晩柑(ちゅうばんかん)が栽培されています。

 

下の写真のかんきつは、はるみの5年生だそうです。
収穫までに5年程度要するそうで、今年から収穫できるようです。

 

ナリアの試験の品種は八朔(はっさく)で、炭疽病を対象に試験を実施しました。

収穫は、1月上旬で病害の調査は3月まで行う予定になっています。

近畿・中国・四国営業:牧

 

  • この記事いいね! (13)

紅葉 北海道だより

2017.10.11

北海道は先週から(山間地域)紅葉がはじまりました。
特に、もみじの黄色から真っ赤な赤色が、綺麗です、、、。

北海道営業:芝本

 

  • この記事いいね! (12)

ドローン 大豆試験

2017.10.10

山口県の長門市で、大豆のドローンでのカスケードの散布試験に立ち会ってきました。

 

写真のドローンは、8枚羽のタイプでした。飛行時間は15分で、1ha散布するのに10分程度の時間を要しますが、今回の試験では、オペレーターの熟練度がかなり高いようで、8分で散布してしまいました。

カメムシの発生を散布前に確認しましたが、結果については今後追跡していきたいと思います。

近畿・中国・四国営業:牧

 

  • この記事いいね! (14)

APWSSに参加して

2017.10.04

第26回アジア太平洋雑草科学会議、APWSS(Asia-Pacific Weed Science Society Conference)が9月19日~22日に京都で行われました。

今回は50周年の記念大会、日本では1995年につくばでの開催以来となったため、海外からの参加者も含め400人となる盛大な大会となりました。

BASFのドイツ、インドネシア、マレーシアからも出席者がいて、

彼らは非遺伝子組み換えに稲を用いた雑草防除システム「Clear field」の成功例や、別な除草剤の系統に耐性を持つ「Provisia」の今後の活用についての発表を行いました。

また、BASFジャパンとしては、今大会のスポンサーの一員として展示スペースを確保し「Farming, the biggest job on earth(農業、それは最も大切なしごと)」のメッセージのもと除草剤の紹介を行いました。

各国の問題雑草やその防除方法等についての発表のみならず、色々な国の人が会場の外でも情報交換や議論が行われており、とても勉強になった4日間になりました。

開発登録部:水野

 

  • この記事いいね! (10)

イベントのご紹介 in 秋田

2017.10.03

2件イベントのご紹介をさせて頂きます。

その①…全国ねぎサミット in のしろ
開催日、時間:10月7日(土)10:30~16:00、10月8日(日)9:30~15:00
場所:秋田県能代市役所駐車場、ほか

その②…第140回 秋田県種苗交換会 in 由利本荘市
開催期間:10月31日(火)~11月6日(月)
場所:由利本庄市総合体育館、ほか

昨年もご案内させて頂きました本イベント…1年ほんと早いですね。今年の会場は由利本荘市。

是非お越し下さいませ。  

東北営業:雨宮  

 

  • この記事いいね! (12)