毎年恒例の初詣!北海道営業より

2017.01.06

新年あけましておめでとうございます。

北海道営業も、毎年出勤初日にメンバー全員で一年間無事に営業活動が出来るように神社に参拝しています。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 

%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%80%80%e5%88%9d%e8%a9%a3%e3%80%80%e7%99%bd%e7%9f%b3%e7%a5%9e%e7%a4%be%ef%bc%93 %e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%80%80%e5%88%9d%e8%a9%a3%e3%80%80%e7%99%bd%e7%9f%b3%e7%a5%9e%e7%a4%be%ef%bc%91
%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%80%80%e5%88%9d%e8%a9%a3%e3%80%80%e7%99%bd%e7%9f%b3%e7%a5%9e%e7%a4%be%ef%bc%92 %e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%80%80%e5%86%ac

北海道営業:高橋

  • この記事いいね! (15)

2017年も大吉!九州営業より

2017.01.05

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

昨年は、1月の大雪、4月の熊本地震等の大変な災害がありました。
九州営業で九州農業にとっていい年になるよう、事務所近くの若八幡宮に初詣に行ってきました。

%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e5%88%9d%e8%a9%a3

おみくじで2年連続で『大吉』を引いた方がいました!
今年もよろしくお願いいたします。

九州営業:渡辺

  • この記事いいね! (16)

新年明けましておめでとうございます

2017.01.05

BASF農薬事業部ブログを御覧いただいている皆さま、明けましておめでとうございます。
今年の日の出は近年まれに見る美しさでしたね。きっと良い年になるでしょう。

三重県志摩の初日の出三重県志摩の初日の出

昨年より開設いたしましたこの事業部ブログ、今後さらに多くの皆さまのお役にたてるような情報を
発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年は弊社製品、さとうきび・かんしょ用殺虫剤「プリンスベイト」上市から10周年の記念の年となります。
皆さまのおかげでここまで成長させていただきまして、大変感謝しております。
今年はその感謝の気持ちをこめまして、何か面白いプロモーションを展開していければ…と思いますので、ご期待ください。

2017年が皆様にとって、この富士山のようにすっきりと見通しの良い年となることを祈願します。

神奈川県江の島から神奈川県江の島から

マーケティング部:奥村

  • この記事いいね! (14)

久米島ラジオ紹介、ありがとうございました!

2016.12.22

先日、弊社殺虫剤プリンスベイトのPaddy(季刊誌)の取材で、マーケティング部の宍戸が久米島にお邪魔しました。その際の出会いで、FMくめじま「島人・畑人・さとうきび」というラジオ番組の存在を知り、噂を聞きつけた私も一度聞いたところ、涙を流して笑ってしまいました。最初は、さとうきびに関する情報を真面目なトーンで発信しているかと思いきや、その後の音楽を交えながらのおもしろトークとのギャップが…。笑

%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%93%e3%81%9d%e4%b9%85%e7%b1%b3%e5%b3%b6

プリンスベイトのご紹介までしていただき、恐れ入ります。久米島のおおらかなイントネーションの話し方、目に浮かぶ島のさとうきび畑…行きたくなります。これからも毎回の放送、楽しみに聞かせていただきます。携帯のアプリなどをダウンロードすると全国で聞けますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

FMくめじま「島人・畑人・さとうきび」
水曜日: 15:00〜16:00
久米島製糖の職員がさとうきび情報を提供する番組です。
島内さとうきびの生育状況や工場の整備状況、春植え・夏植えの植付実績情報など、
さとうきびに関する色々な情報を発信します。

マーケティング部:中川

  • この記事いいね! (17)

農薬の効果って、このように評価されます。

2016.12.19

世界の60億人の胃袋を満たす、大切な食料を安定的に生産するために欠かせないのが農薬です。でも農薬って、負のイメージがとっても強いもの。みなさんはその効果って、どうやって評価されているのかご存知ですか?あまり知られていない、そんな現場をチョットのぞいてみませんか? 

では、どうぞ!

毎年、日本全国にある農業試験場などで、地域ごとの栽培方法に沿って専門家による試験が行われます。その結果を集めて、有識者による検討が行われます。下の写真は、その成績検討会の一コマ。 

wp_20161201_001

試験概要の報告に続いて、作物に対する安全性や、効果の効き具合について意見が交わされます。時には試験者同士で激しい議論になることも。もちろん、農薬メーカーにさらなる情報開示を求められる時もあります。

日本は、この成績検討会がとてもオープンなんです。私たち農薬メーカーや関係者であれば、だれでも参加できます。どこかの政治家のように密室で…なんてことはありません。検討される内容も、すべて印刷物となって全員に配られます。下の写真がその資料。どうですこの量。

wp_20161210_001-1024x768

試験された場所・作物・病害虫名・方法・結果など、重要な情報はすべて網羅されています。 ここでの十分な検討によって、安全かつ効果的な使い方が見えてきます。 適切な量の農薬を適切な方法で、一番いいタイミングで使うことが、環境負荷を最小限に抑えつつ、持続可能な農作物栽培につながるのではないでしょうか?

開発部:瀬古      

  • この記事いいね! (30)