第72回青森県りんご品評会に出展決定!

2018.11.27

今年の「第72回青森県りんご品評会」に、弊社BASFジャパン㈱のブースも出展させていただくことになりました。

昨年のりんご品評会の様子

今年は展示ブースも大きくなり、新発売のバスタ液剤の紹介、来年発売予定の青森県限定商品の展示や、パターチャレンジで記念品プレゼントなど、楽しいイベントもご用意しています。

また、アンケートに答えていただいた方全員に、BASF特製エコバッグをプレゼント!

BASF特製エコバッグ

あったかい飲み物も用意してお待ちしていますので、ぜひお立ち寄りください。


日時:平成30年12月1日(土曜)、2日(日曜)

場所:青森県弘前市 地方卸売市場内

皆様のご来場をお待ちしております。

マーケティング部:磯田

 

  • この記事いいね! (14)

殺虫剤「コテツフロアブル」の話

2018.11.06

どうもこんにちは。冬服がパツパツで衣替えできない九州の上原です。

美味しい柿のエネルギーで、筋トレがはかどりすぎて困ります。飲み会の季節でもあるため脂肪も増え、このままでは横綱サイズまっしぐらなので、ここらでストップをかけたいところです。

「カキ厳禁(Non SUMOking)」

さて、くだらぬ話はさておき、秋は虫たちも食欲にあふれる季節です。

近所では、ナミテントウにそっくりなハムシ、ヘリグロテントウノミハムシがヒイラギを貪っていました。騙されたのは私だけではないはず・・・。

仕事では、オオタバコガとハスモンヨトウとシロイチモジヨトウの御三家が、畑を大変食い散らかしている話を、最近よくききます。「薬が効かなくなった」「なんだか効きが悪くなった」との声もあります。同じ薬ばかり散布して、感受性が落ちているのかもしれません。

ビームサーベルのように鋭い薬が発売されると、そこは人間。連用してしまいがち。

しかし、様々な系統の薬を防除体系に組み込まないと、いつしか効き目は落ちてきます。

この秋に葉物野菜のオオタバコガやシロイチモジヨトウ対策で再び注目されつつある弊社の名刀「コテツ(フロアブル)」も織り交ぜて、虫の息の根を止めにいくのも有効な一手でしょう。

作用としては、

「ミトコンドリアにおける酸化的リン酸化の脱共役作用により細胞内ATPを枯渇させる」

のですが、「酸素を使ったエネルギー合成を阻害する」ようなイメージで覚えてください。

近藤勇も驚く、唯一無二の作用機構をもつ「コテツ」の使い手に、なってみませんか。

九州営業:上原

 

 

  • この記事いいね! (23)

『BASF』でバスタ(茎葉処理除草剤)を販売します!

2018.10.01

皆様、大変ご無沙汰しております。東北営業、雨宮です。

今年の夏は『暑く』、そして『自然の猛威』にさらされた日本列島でした。

被害に遭われた方々におかれましては、お見舞いを申し上げます。また、いまなお避難生活を送られている方々に おかれましては、1日も早く通常生活が送れるようお祈り申し上げます。

さてすでに発表されておりますが、茎葉処理除草剤『バスタ液剤』が8月1日から弊社に譲渡されました。

このブログをお読み頂いている方で『バスタ』と聞いて『知っている!』方は多いのではないでしょうか。

知らない方のために・・・

茎葉処理除草剤とは、すでに生えている雑草に除草剤を散布して、茎や葉から薬剤を吸収させて枯れさせる薬剤の種類です。『バスタ』についての詳細は→こちら

日本で発売されて30年!

そんな歴史のある商品を、今回BASFの取扱商品として販売する事に『誇り』と『プレッシャー』を感じてしまいます。

そんなプレシャーが拭えない中で、私が担当させて頂いているJAふくしま未来 伊達地区本部さま主催の「秋の資材フェスタ」でバスタを販売させて頂く事になりました。

秋の資材フェスタは2日間開催され、各日違う店舗で販売活動をさせて頂きました。

皆様のお近くJAで 以下 写真のようなイベントをしている光景を見た事ありませんか?

 

私たちが入らせて頂いたJA店舗だけ限定で『バスタ2.2ℓ』『バスタ500ml』の蓋に可愛らしい『バスタ専用ミニ計量カップ』をつけて販売!

   

今回のイベントには、強力な助っ人も参上して頂きました。

通称『バスタガール』。

私の不慣れの部分を強力サポートして頂きました。

イベントを無事に終了できたのも『バスタガール』のおかげです💦

今後、バスタガールと皆さまのお近くのJAなどで販売活動をさせて頂く事になると思います。

見かけた時には、お気軽にお声がけください。

そして皆様がもっているバスタ情報を教えてください。

東北営業:雨宮

 

  • この記事いいね! (32)

りんごの黒星病対策について

2018.09.06

こんにちは、マーケティング部の中川です。

昨日(9月5日)付の日本農業新聞の「緊急対策特集」に、弊社殺菌剤「デランフロアブル」が広告掲載されました。近年、りんごの主産地で黒星病が猛威をふるっており、緊急の対策が求められるため、発生状況や防除方法について特集されています。

また先日、弊社季刊誌「Paddy」の取材の様子をこのブログでお伝えいたしましたが、先月発行されました。取材先の生産者さんの製品使用のご感想、またヨーロッパでのFRAC(殺菌剤耐性菌対策を推進する団体)の耐性菌管理の考え方を、BASFドイツ本社殺菌剤担当者が寄稿しています。ご興味ある方は、ぜひPaddy電子ブック版でご一読ください!

マーケティング部:中川

 

  • この記事いいね! (12)

「オナーWDG」適用拡大!

2018.07.27

2018年7月25日付けにて、芝生用殺菌剤「オナーWDG」の西洋芝(ベントグラス)の適用病害名に「フェアリーリング病」が追加されると共に、使用目的に「根重の増加」が追加されました。

「根重の増加」は国内初の登録となり、今年のような厳しい夏を越すための一助になるのではと期待をしております。このような新しい革新的なソリューションを世に出すことができ大変うれしく思うと共に、皆様にはぜひ一度手に取って体感頂きたいと思います。

弊社ホームページへ。

環境緑化製品部:坂本

 

  • この記事いいね! (32)