しろあり防除用薬剤ターミドール®HEのビデオ第2弾!

2019.01.22

多くの皆様にターミドール®HEをご理解いただくために、新たにビデオを作成しました。
前回のビデオでは製品の特長についてご説明しましたが、それに引き続いて今回は、実際の製品の使用方法をご紹介します。今回もYouTubeに掲載しましたのでぜひご覧ください。

ターミドールHEは家屋の床下に処理する「床下処理」と共に、家屋の外周に処理をする「外周処理」の両方を推奨しております。このビデオでは夫々の処理方法に加えて、処理の準備から後片付けまでを説明しております。

シロアリ防除業者の皆様だけでなく、家屋のオーナーにも見ていただき、実際の作業手順をご理解いただければ嬉しいです。

なおこのビデオ撮影では、ドローンを活用していろいろな角度から撮影しております。その点も、ぜひお楽しみいただけたらと思います。


環境緑化製品部:吉田

 

  • この記事いいね! (13)

“彼の名は。” 名も知らない虫たち ⑤

2018.02.24

嫌われ者の農業害虫にスポットを当てる “彼の名は。” 名も知らない虫たちシリーズが第5弾となりました。
今回は、これまでと少しテイストを変えて🐜シロアリ🐜を紹介します。
『おいおいシロアリは農業害虫じゃないんじゃないの?』と思われる方が多いと思います。そこで彼らのイメージがちょっと変わるエピソードも交えてお話ししたいと思います。

読者のみなさんのシロアリに対するイメージってどんな感じですか?多分、大切な家をボロボロにしてしまう “とんでもないやつ” といったところでしょうか?あまり知られていませんが、沖縄ではサトウキビを加害する農業害虫でもあるんです。但し、世界規模でみると、シロアリの大半は森の中でひっそりと暮らし、枯れた枝葉を土に還す極めて重要な役割(エコシステムエンジニア)を果たしている昆虫なんです。彼らのおかげでアマゾンなどの豊かな森が生き続けられるんです。

    

シロアリにはまだまだ面白いエピソードもたくさんあります。

例えば、シロアリの兵蟻(へいぎと読みます、兵隊蟻のことです)は、似顔絵のとおり大きなアゴを持ってますが、これは敵と戦うためのもの。エサとなる木材をかじるアゴはないために、職蟻(しょくぎと読みます、働き蟻のことです)からエサを食べさせてもらっているんです。そのため、兵蟻が増えすぎるとエサがもらえず餓死する運命にあるようです。まるでどこかの国の問題を浮き彫りにしているようですね。

また、シロアリを500匹くらいを丸い容器に入れて脅かすとパニック状態となり、羊や鰯の群れのようにみんなが同じ方向に一斉にグルグル回りだしたりするんです。直接お見せできないのが残念ですが・・・・。 

沖縄県などに生息するキノコシロアリという種類は、自分たちで菌を培養してエサとして育てています。ときどき巣の近くからキノコが生えてきて食べると結構イケるらしいですよ。油性のボールペンで適当な線を描き、その上にヤマトシロアリを放すとどうなると思いますか?なんとシロアリはその線の上を外れることなく歩きだすんですよ。これはボールペンのインクの中に、乾燥防止のために油のようなものが含まれています。この成分がシロアリの道しるべホルモン【ネオセンブレン-A】と似た構造を持った化合物だからです。

いかがですか?チョット捕まえて遊んでみたくなりませんか?

読者のみなさん、シロアリのイメージは少し変わったでしょうか?でもやっぱり我が家を食い荒らすシロアリは許せませんね。もし我が家で発見した時は、シロアリ業者さんにお願いしてしっかり防除しましょう。弊社からのシロアリ防除剤(新製品)もお使いいただければ幸いです。

 

開発部:瀬古

 

  • この記事いいね! (44)

毎週金曜日 20時54分からBS-TBSにて放送!

2016.10.07

皆さま、こんにちは。
今日午前、東京銀座ではリオデジャネイロ五輪・パラリンピックのメダリストのパレードが行われました。
沿道でメダリストを一目見ようと大変な人出だったことでしょう。あの感動が甦りますね。

さて、今日は一つお知らせを。
10月7日金曜日、20時54分~20時59分までBS-TBSにて「知っとく!ベジライフ2 教えて春日先生!」(企画:農薬工業会)という番組が始まります。

Part1では、オードリー春日氏が農業体験や農業に関連する現場をリポートするという楽しい番組で大好評。
今回は食の社会科見学というテーマにオードリー春日氏と子供たちが全国各地から野菜や果物に関した現場をリポートするそうです。

専門家の解説を交えながら農薬の役割安全性をご紹介する番組です。

是非、ご家族そろってご覧ください。

第一回の今日のテーマは、「日本の食を守る」です。
スーパーの野菜はどんな経路で売り場に?を元気な子供たちがリポートしてくれるでしょう。

%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

(情報提供:農薬工業会

マーケティング部:宍戸

  • この記事いいね! (12)

8月20日は「世界 蚊の日(World Mosquito Day)」

2016.08.19

ジカ熱、デング熱、マラリア。
いずれも、蚊に刺されることで感染する感染症です。
蚊が媒介する感染症で亡くなる方は、年間で72万5000人にものぼります。

ここ数十年、蚊に対する新しい公衆衛生の手立てはなく、蚊自体も殺虫剤に耐性をつけています。
このような状況の中で、BASFはこれらの感染症に対抗する方法を模索しています。
その内のひとつが、殺虫効果を持つ蚊帳です。洗っても殺虫効果が持続するこの蚊帳があれば、原因となる蚊の侵入を防ぐことができます。

8月20日は、「世界 蚊の日(World Mosquito Day)です。

この機会に、ぜひ蚊とその感染症について学んでみてはいかがでしょうか?

192188_PublicHealth_Facebook1

▼感染症に対するBASFの貢献はこちらをご覧ください。

 

マーケティング部:宍戸

 

  • この記事いいね! (16)