殺虫剤「コテツフロアブル」の話

2018.11.06

どうもこんにちは。冬服がパツパツで衣替えできない九州の上原です。

美味しい柿のエネルギーで、筋トレがはかどりすぎて困ります。飲み会の季節でもあるため脂肪も増え、このままでは横綱サイズまっしぐらなので、ここらでストップをかけたいところです。

「カキ厳禁(Non SUMOking)」

さて、くだらぬ話はさておき、秋は虫たちも食欲にあふれる季節です。

近所では、ナミテントウにそっくりなハムシ、ヘリグロテントウノミハムシがヒイラギを貪っていました。騙されたのは私だけではないはず・・・。

仕事では、オオタバコガとハスモンヨトウとシロイチモジヨトウの御三家が、畑を大変食い散らかしている話を、最近よくききます。「薬が効かなくなった」「なんだか効きが悪くなった」との声もあります。同じ薬ばかり散布して、感受性が落ちているのかもしれません。

ビームサーベルのように鋭い薬が発売されると、そこは人間。連用してしまいがち。

しかし、様々な系統の薬を防除体系に組み込まないと、いつしか効き目は落ちてきます。

この秋に葉物野菜のオオタバコガやシロイチモジヨトウ対策で再び注目されつつある弊社の名刀「コテツ(フロアブル)」も織り交ぜて、虫の息の根を止めにいくのも有効な一手でしょう。

作用としては、

「ミトコンドリアにおける酸化的リン酸化の脱共役作用により細胞内ATPを枯渇させる」

のですが、「酸素を使ったエネルギー合成を阻害する」ようなイメージで覚えてください。

近藤勇も驚く、唯一無二の作用機構をもつ「コテツ」の使い手に、なってみませんか。

九州営業:上原

 

 

  • この記事いいね! (23)

りんごの黒星病対策について

2018.09.06

こんにちは、マーケティング部の中川です。

昨日(9月5日)付の日本農業新聞の「緊急対策特集」に、弊社殺菌剤「デランフロアブル」が広告掲載されました。近年、りんごの主産地で黒星病が猛威をふるっており、緊急の対策が求められるため、発生状況や防除方法について特集されています。

また先日、弊社季刊誌「Paddy」の取材の様子をこのブログでお伝えいたしましたが、先月発行されました。取材先の生産者さんの製品使用のご感想、またヨーロッパでのFRAC(殺菌剤耐性菌対策を推進する団体)の耐性菌管理の考え方を、BASFドイツ本社殺菌剤担当者が寄稿しています。ご興味ある方は、ぜひPaddy電子ブック版でご一読ください!

マーケティング部:中川

 

  • この記事いいね! (12)

「猛暑でリラックスできない方」に読んでほしい、GABA とフィプロニルの話。

2018.08.06

こんにちは。夕方の激しい筋トレで寝つきの悪さを改善中の、九州の上原です。

暑くて寝汗がすごいので、枕カバーを毎日洗っています。「夏は夜。月のことはさらなり~」と、昔は余裕があったようですが、この暑さでは枕草子より枕の掃除ですね。

日焼けで皮が剥け、以前書いた脱皮阻害剤の記事を思い出すので、今回また投稿します。

安心してください、ちゃんと生えてます(新しい皮が)。

さて、題名にあるフィプロニルは神経に作用するタイプの成分で、弊社のプリンスフロアブルに使用されています。「GABA作動性塩素イオンチャネルブロッカー」という作用なのですが、これだけ見てもさっぱりです(上原も文系出身でさっぱり)。

「あれ、GABAってリラックスのチョコレート?」と思った方、ゴールはもう少しです。

では、上原でも分かるようにかみ砕いて説明しましょう。

GABAは抑制性の神経伝達物質で、体内で受容されると興奮を抑えるように働きます。簡単に言えば、スイッチをオフするような効果です。

プリンスフロアブルは、そのGABAの受容をブロックし、虫の体内をずっとスイッチオンにします。オンのままだと、虫は正常に体が機能しないので、作物を守れるというわけです。

なかなか寝付けない方は、GABAとかの神経関連について調べて見てもいいかもしれません。

九州営業:上原

 

  • この記事いいね! (35)

香川県アスパラガス「さぬきのめざめ」

2018.07.05

香川県善通寺市で、香川県オリジナルのアスパラガス「さぬきのめざめ」を見てきました。

ここでの薬剤防除は、スピードスプレイヤー(薬剤噴霧機)で、真ん中の通路から左右の畝に防除するそうです。

通路の幅は140cm~180cmくらいで、スピードスプレイヤーの通行だけでなく、光が入りやすくなるメリットもあるそうです。

最近TVでも取り上げられていた、特大50cmのアスパラガスは1月から4月の期間限定で、太いものを選んで収穫しているそうで、見ることはできませんでした。

2月上旬~4月中旬が春芽を収穫。

立茎は4月中旬からで、5月中旬から夏芽を収穫しているそうです。

6月に弊社殺菌剤シグナムWDGを斑点病・褐斑病防除で散布してもらいましたが、病気の発生の時期はまだ早く、8月頃のようでした。

近畿・中国・四国営業:牧

 

  • この記事いいね! (19)

この木なんの木?

2018.06.29

東北営業の雨宮です。

いきなりですが

この木なんの木でしょうか?

山形を代表する果物!

別名「赤い宝石」「赤い真珠」と言われています!

正解は…「サクランボ!!」

今年の出荷ピークは、6/16~20だったとの事。

弊社殺菌剤ナリアWDGもご協力させて頂いております。

収穫前日まで使用できるナリアは、大変使い勝手が良いと思います。

ちなみに、写真の品種は「紅秀峰」

皆さま良くご存じ「佐藤錦」より遅くに出荷される品種です。

ちなみに、最後に世界で一番多く「さくらんぼ」が収穫されている国は「トルコ」らしいです。

東北営業:雨宮

 

  • この記事いいね! (20)