雨ごい

2016.06.09

今年は夜温も低くドライ傾向のため、ゴルフ場のグリーンでは病害は少なく乾燥害が目立っています。

関東はダムの貯水率も低いようですし、梅雨入りし恵の雨となれば良いのですが・・。

201605 ベント 乾燥害

今後、雨量・気温が上がり始めると、急速に病害の発病リスクも上がりますので気象変動の推移に目が離せないですね。

これからの季節、ダラースポットの予防にはエメラルドDG。ピシウム病・赤焼病の予防にはザンプロターフをご活用下さい。

環境緑化製品部:坂本

 

  • この記事いいね! (31)

プロの技あり!

2016.06.03

先日、縁あって日本ゴルフツアー選手権森ビルカップのプロアマ大会に参加させていただきました。 若手のホープ同県人の川村昌弘プロと一緒にラウンドしました。

DSCN1787

写真は、会場となった茨城県の宍戸ヒルズCC西コースです。 微塵の痛みもないティーグラウンド、戦略的にグリーンへ続くフェアウェイ、そしてトッププロでさえ悩ます深いラフ。 まさに6月2日から始まる本大会のために、グリーンキーパーさんが何日も前から、用意周到に管理されたプロの技の結晶ではないでしょうか? 選手のプレーと一緒に、コース管理の技にも魅了されてみてはいかがでしょうか?

DSCN1781 DSCN1780 

ちなみにラフはこんなに意地悪に調整されてます。

DSCN1786

このコースでは弊社の製品(ダブルアップやセルカディス)をお使いいただいているようです。 夢舞台の片隅でほんのちょっと貢献できていることがうれしいです。

開発担当:瀬古

  • この記事いいね! (27)