桃_福島県

2016.07.29

福島の「桃」・・・今年も元気に そして美味しそうに実りました。

ただいま収穫、出荷真っ最中!

WP_20160720_008

もも栽培の中で当社商品、デランフロアブルナリアWDGもバックアップさせて頂いております。

東北営業:雨宮

  • この記事いいね! (18)

是非お立寄りください!

2016.07.27

BASFジャパン戸塚工場の夏祭りが、7月29日(金)に開催されます。
今年で41回目となる夏祭りは、屋台に加え、スイカ割り盆踊りなど、約1000人が来場する地域の恒例行事です。

自動車・二輪車用、工業用の塗料の開発・製造を行っている戸塚工場では、近隣の皆さまに工場を知っていただく機会として、敷地を開放して夏祭りを開催しています。皆さまへの日頃の感謝を込め、戸塚工場の社員を中心に、お祭りに参加する他拠点の事業部も含め、ただいま鋭意準備を進めています。社員運営による金魚すくいなどの各種屋台、スイカ割り、餅つきなど、子どもたちが喜ぶ催し物が満載です! 

natsumatsuri 1

そして今年はBASFが世界各国で実施している「子ども実験教室」のミニ版も開催が決定しました!
トレーニングを受けたBASF社員が先生となり、地域の子どもたちに実験の楽しさをお伝えします。
実験は、「Color Butterfly! (カラフルなチョウを作ってみよう!)」をテーマにレモン汁や石鹸などの身近な製品を用い、pH値の違いを利用して、紙でつくったチョウに色付けを行います。
対象は、小学校1年生~6年生で、お祭り開催時間中、常時開催しています。

Colorbutterfly

戸塚のお近くにお住まいの方、7月29日はぜひ夏祭りにお越しください!

 

<第41回夏祭り 開催概要>

 日時:7月29日(金) 17:00~20:00 (※雨天中止)

会場:BASFジャパン株式会社 戸塚工場 グラウンド 横浜市戸塚区下倉田町296番地

BASFジャパン戸塚工場 地図はこちら

 

プログラム:地元子ども会によるパフォーマンス、スイカ割り、盆踊り、抽選会、各種夜店、

ミニ子ども実験教室
(所要時間:約20分、事前の参加申込は不要です。直接会場にお越しください。)

コーポレートアフェアーズ: 北原

  • この記事いいね! (19)

雑草の防除に…バサグラン粒剤/液剤 【その2】

2016.07.27

バサグランはもう「古い剤」と言われることがあります。ずっとある「古い剤」はしばしばロングセラー。

Ine 4 bf1a12bb6b190c968f3ff649bb430235-556x102410ca0ed7d524345efc41d31605efae8f  

そんな「古い剤」には、実は毎年新たに出会う、ユーザーの方々がたくさんいらっしゃいます。

先代から稲作を引き継いだ方、水稲栽培を新たに始めた方、やっぱりバサグランを使ってみようということになったなど、購入の動機は様々。

ご本人達にとっては「新しく使う剤」ということ、その意味では新製品の農薬と違いはないのです。

一方では、年に1回か2回しか使わないので基本的な使用法や、今年の条件での使用について問合せをしてこられるバサグランのユーザーも、少なからずいらっしゃいます。

どちらの方々にしても、「これより後には雑草を残したくない」という気持ちがひしひしと伝わってきます。受ける側も自然と、「是非うまく使って欲しい」となる。

うまく使ってもらって、この「古い剤」の新たなファンになってくれたら、それに越したことはありません。

開発登録部:渡部

  • この記事いいね! (19)

雑草の防除に…バサグラン粒剤/液剤 【その1】

2016.07.26

田植えからしばらく経った6月から7月、まだ水田に残っている雑草を、除草剤で退治してしまいたいという生産者の方から、電話で多くお問合せいただく製品があります。バサグラン粒剤とバサグラン液剤です。

Ine 5

水管理には配慮が必要ですが、この時期にヒエ以外の多くの雑草を防除してくれる、頼もしい農薬です。

散布をしたい日がある程度決まっている方、いつごろ使うかを決めかねている方が電話口の向こうにいます。

どんな草があるのか、それはどのくらいの大きさか何枚葉をつけているか、田んぼでの分布具合はどうか、大方出揃ったのか出始めなのか、などを話しながら、頭の中にその様子を描きます。

一刻でも早く散布して、雑草を退治したいという先方の気持ちを感じながら。

さらに使用前後の天候の予想、田んぼの水持ち程度、地域の中干の時期、時にはほかの農作業との兼ね合いということまでも話すことがあります。

ようやくこのようにして、その方の水田での今年の条件での使い方のお勧めにたどり着きます。(その2に続く)

開発登録部:渡部

  • この記事いいね! (16)

河童の願い

2016.07.24

梅雨あけも間近に、本格的な夏に向けて我が家のキュウリがどんどん成長しています。小さなプランター植えにもかかわらず、もう2階のベランダに届く勢い。だた、最近ちょっとした悩みが・・・・・・・。

20160723_154218_resized 20160723_154241 20160723_154303_resized

どういうわけか、真ん中の写真のように雄花ばっかりで、実になる雌花がほんの少しです。これまで収穫できたのはたった一本。いろいろ調べてみると気候や栄養状態・水管理などが微妙にかかわってくるようです。

スーパーに行けば、この時期3本150円くらいで買えるキュウリですが、実際作ってみると奥が深い。

そうそう、裏ネタですが、なにやら弦の先端を切ってやると雌花のつく数が増えるらしいのですが、きゅうりの専門農家さん、これってホントの話ですか???

今日も、せっせせっせと我が家の河童のために世話しています。

開発部:瀬古

 

  • この記事いいね! (18)