8月31日は野菜の日

2016.08.31

本日8月31日は、「や(8)さい(31)の日」です。

季節の新鮮な野菜が食べられる時、疲れた体を癒してあげてる気持ちになりませんか?

ビタミン・ミネラル豊富な緑黄色野菜や、食物繊維が摂れる根菜類など、体にいいことは沢山あります!

ちょっと最近、夏バテ気味…という方は、美味しい野菜をたっぷり食べて、残暑を乗り切りましょう!

CQ086

マーケティング部:中川

  • この記事いいね! (11)

病害虫発生予察

2016.08.26

連続した台風と残暑、おかしな気候が続いていますが、農作物の生育は順調でしょうか?

農林水産省から、平成28年病害虫発生予察第6号が発表になりました。

全国の向こう1か月の病害虫の発生を予察しています。

これから発生するかもしれない病気や虫に備えるための、とても参考になる資料です。

もうすぐ9月。実りの秋がやってきます。

大事な作物に被害を出さないように、予察情報を活用しましょう。

→「平成28年度 病害虫発生予報第6号

PDF版はこちらに掲載されています。

 

開発部:本田

  • この記事いいね! (17)

「遺伝子組換え作物は安全」米科学アカデミーが結論

2016.08.25

2016年5月、米国科学・技術・医学アカデミー(The National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine)が、「遺伝子組換え作物:経験と展望」と題する報告書を発表いたしました(原文日本語版要旨。ちなみに日本語訳にはバイテク情報普及会が携わりました)。

GE crops NAS

この400ページ近くにも及ぶ報告書は、生物学、生態学、毒性学、社会学、経済学等の多様な専門性を持つ20名の科学者からなる委員会が、過去20年にわたる1000報以上の文献、賛否双方の立場の80人からのヒアリング、700件以上の公募意見を精査し、およそ2年の歳月をかけてまとめあげました。

報告書では、遺伝子組換え作物のリスクとベネフィットについて、「環境」「健康」「社会」の3つの側面から分析しています。主要な結論を下記にまとめました。

環境

・遺伝子組換え作物から生態系へ「遺伝子流入」が起こり、環境へ悪影響を及ぼした事例は無い。

・遺伝子組換え作物が、生物多様性を消失させるという因果関係は認められない。

・遺伝子組換え作物は収量増加の要因である。ただし、米国農務省(USDA)のデータからは、作物の収量増加のペースを著しく速めたという証拠は得られていない。

健康

・遺伝子組換え作物は、人や動物の健康に対して従来の作物と同様に安全である。

・ガン、アレルギー、自閉症スペクトラム、その他様々な健康被害の発生率を上昇させるという疫学的なエビデンスは一切認められない。

・長期的なデータからも、家畜への健康被害は認められない。

社会

・程度の差は大きいが、概して遺伝子組換え作物は生産者に好ましい経済効果をもたらしている。

・いかなる技術も、そのベネフィットを享受するためには社会システムの整備が重要である。

いかがでしょうか。遺伝子組換え作物については、「知らないから不安」という方も多いのでは無いでしょうか。骨太の論文ではありますが、遺伝子組換え作物について科学的妥当性を知りたいという方は、一読されることをお勧めいたします。

バイオテクノロジー:柳川

  • この記事いいね! (14)

猛暑の下界から涼しい高原へ

2016.08.24

こんにちは。
今回は、高原のキャベツ畑(長野県川上村)からお届けします。

長野県川上村長野県川上村

下界は35度を超える猛暑ですが、高原地帯はぐっと涼しく、夏キャベツもすくすくと育っていました。
美味しそうです。

こちらは山梨県須玉町の、蕎麦の花。真盛りです。

山梨県須玉町山梨県須玉町

私の大好きな蕎麦は、こうしてきれいな花を咲かせて観る人の目を楽しませ、その後に美味しいお蕎麦となるんですね。

マーケティング部:奥村

  • この記事いいね! (15)

秋の味覚!!鳥取県の二十世紀梨が出荷されます

2016.08.22

平成28年8月19日、鳥取県特産の「二十世紀」梨の査定会が開催されました。 本年は梅雨期の降雨が少なく、梅雨明け後も好天が続いたことから、大玉で糖度も高く、大変おいしい出来となっています。

WP_20160819_009[1] WP_20160819_001[1]

また、8月17日には、鳥取県の新品種「新甘泉」の査定会も開催されました。「新甘泉」は、鳥取県園芸試験場が平成元年に「筑水」と「おさ二十世紀」を交配した、2万本から選抜した早生の赤梨で、糖度が極めて高く、果肉の肉質が青ナシのようなシャリシャリした食感のある、非常においしい梨です。

WP_20160817_001[1]

昨年は赤梨の大敵、黒星病の被害が多かったのですが、収穫後と本年春先の「デランフロアブル」での防除により、発病は少なかったようです。 また、梅雨時期には、黒星病・黒斑病・輪紋病・うどんこ病対策で「ナリアWDG」もご使用いただいています。

「二十世紀」梨は8月下旬~9月中旬、「新甘泉」は8月下~9月上旬に出荷されます。

ぜひ、機会がありましたら、秋の味覚!!鳥取県の「二十世紀梨」「新甘泉」をご賞味ください。

近畿・中国・四国営業:高力

  • この記事いいね! (21)