BASF150年の歴史を語るもの

2016.09.28

BASFジャパン東京本社の受付に、BASFの歴史を語る看板が掲げられています。

dsc_2038BASF東京本社エントランス

今では関わらない業界はないくらいに幅広く化学製品を提供するBASFですが、その始まりは化学染料でした。


1865年にドイツのマンハイムで設立したBASFは、1897年に合成染料のインディゴ(藍)を開発しました。BASFが日本への輸出を開始したのもちょうど同じ頃、明治時代のことです。BASFのインディゴは高価で手間のかかる天然藍の代替品として世界的に人気を博し、日本でも紺かすりに使用されていました。インディゴは、現在もブルージーンズに使用されています(※)。

dsc_0355跳馬とライオンの紋章は、1873年から使用されていたBASF初期のロゴマーク

受付に飾られている看板は、昭和初期の頃に使用されていたもの。


左に記載されている文字「馬獅子アニリンソーダ工場」は、
BASFの旧社名「バーディシェ・アニリン・ウント・ソーダ・ファブリーク」を指しています。

中央右の跳馬とライオンの紋章は、1873年から使用されていたBASF初期のロゴマーク、その左には、1922 年に商標登録され肥料製品のみに使用された「BASFエッグ」と呼ばれるロゴマークが描かれています。化学肥料は、私たちの生活に大きな影響を与えたBASFの発明のひとつ、「ハーバー・ボッシュ法」のアンモニア合成でうまれた製品ですが、それはまた次の機会にご紹介します。

BASFの東京本社を訪れることがありましたら、ぜひお近くでご覧ください。

※BASFの繊維用染料事業は、現在は既に売却されています。

 

コーポレートアフェアーズ: 北原

 

 

  • この記事いいね! (27)

BASFサイコセルの歴史

2016.09.27

小麦の植物成長調節剤のサイコセルは、日本では1984年3月に登録を取得して以来、長年にわたって小麦の生産者にご利用いただいております。

節間長を短くすることで倒伏を軽減し、収量の増加・品質向上に貢献してきました。

BASFドイツのリンバーガーホフ研究所は、昨年100周年を迎えましたが、その中で歴史あるサイコセルについても紹介がありました。

%ef%bd%bb%ef%bd%b2%ef%bd%ba%ef%bd%be%ef%be%991

サイコセルは1962年から開発が始まり、1964年に「サイコセル」という名称で上市されたそうです。当時は初めに肥料として特許を申請したそうです。

また1965年当時の広告記事も紹介されております。

%ef%bd%bb%ef%bd%b2%ef%bd%ba%ef%bd%be%ef%be%992

当時の広告内容も「サイコセルは小麦の茎を短くして丈夫に育てます」というキャッチコピーとともに、倒伏軽減による収穫の作業を改善することを強調しております。

この様に、サイコセルは50年以上にわたって、小麦の生産者に貢献してきました。

長年皆様方からご愛顧をいただいているサイコセルですが、昨年サイコセルPROという新しい製剤に代わりました。

引き続き、重要な生産資材として、より多くの皆様にお使いいただきたいと存じます。

マーケティング部:吉田

  • この記事いいね! (21)

クリひろい

2016.09.21

台風の影響の雨の中、長野でクリをひろいました。 

%e6%a0%97%e6%8e%a1%e5%8f%96

バケツに3杯も拾ったのに、イガを取って、虫食いを捨てると たった1㎏の収穫。

%e6%b8%8b%e7%9a%ae%e7%85%ae%e4%bd%9c%e6%88%90%e9%80%94%e4%b8%ad

栗ごはんと渋皮煮を作りました。

拾うときにはとげが刺さるし、皮をむくのも大変で、これを主な食糧にした縄文人の忍耐強さに改めて感心。

プランニング&パフォーマンス部:山田

  • この記事いいね! (19)

丹波篠山 丹波黒大豆枝豆栽培⑥

2016.09.19

2016.9.17 晴れ時々曇り

黒大豆枝豆栽培経過として圃場確認をしました。 近々の台風による被害もなく順調に生育しています。 収穫時期は10月20日頃を予定しています。 今回は生育状況と病害虫の調査を実施しました。

         前回8月11日                       今回9月17日                                  

wp_20160811_002    wp_20160917_089    

         さやの状態

wp_20160917_088

● 草丈も100cmを超えており、さやも多数できています。後は豆が膨らんでくれるのを待つのみです。

 

●病気については以下のものが確認されました。

wp_20160917_022    wp_20160917_019

        ダイズ炭疽病(葉表病斑)                    ダイズモザイク病

 

●害虫については以下のものが確認されました。

wp_20160917_006  wp_20160917_047  

         フタスジヒメハムシ                    ヨモギエダシャク           

wp_20160917_011  wp_20160917_034

            ハスモンヨトウ(老齢幼虫)               ホソヘリカメムシ(成虫)

wp_20160917_046  wp_20160917_070  

         マメドクガ(中齢幼虫)                モンキチョウ(老齢幼虫)        

wp_20160917_062  wp_20160917_055

        チャノコカクモンハマキ                  イチモンジカメムシ

wp_20160917_018  wp_20160917_067  

        ビロウドハマキ(幼虫)                 ヨツスジヒメシンクイ          

  wp_20160917_038  

          トビイロフタスジシマメイガ                ミツボシツチカメムシ           

●圃場の状況

wp_20160917_087

畝間の雑草もおとなしめで今回は除草作業はしておりません。

現状、殺菌殺虫剤の施薬はしておりません(8月11日から9月17日までに殺虫剤を1回散布済)。

今後の状況に合わせて以下の薬剤散布が可能です。

・カスケード乳剤 ハスモンヨトウ・ウコンノメイガ 収穫前日まで  カメムシ類 収穫7日前まで

・コテツフロアブル ハダニ類 収穫前日まで

 

次回は、収穫(10月20日頃)までに倒伏防止の紐、杭の撤去作業が必要です(収穫の1週間前)。

さやの膨らみ具合が気になりますが、楽しみです。

 

関東営業 小笠原

 

  • この記事いいね! (20)

土ってどうやってできてるの?

2016.09.13

最近、仕事で知り合ったある先生からとても興味深い本をいただいたので、簡単にかいつまんで読者のみなさまにもおすそ分けします。

突然ですが、『土ってどうやってできるの?』と聞かれたら、どう答えますか?

%e5%9c%9f%e5%a3%8c

私たちのふるさと日本は、国土の7割を占めるほど山が多く、そこには無数の川が流れています。川の流れは角張った石を丸く削り、その細かい削りカスが生まれます。またいくつかの山は、永い年月のうちに噴火を繰り返し、火山灰を供給します。これらが土の母材になるようです。

一方、程よい雨に恵まれる日本は、少しの隙間でも植物が根付き、この遺体が微生物などの分解によって腐植の原料となります。

この2つが合わさって初めて”土”となるのです。言い換えれば砂漠の砂は、100年経っても土になれないのです。

山と川と雨に恵まれた日本は、農業の根幹をなす、大切な大切な”土”の宝庫なのかもしれません。なぜなら、海外のデータでは、土の生成速度は1000年で16cm程度のようですが、日本では1000年前の遺跡の上に1m近い地層がみられるからです。

一日中、オフィスのパソコンの前でお仕事しているみなさん、たまのお休みには童心に帰って、泥んこ遊びでもいかがでしょうか?

開発部:瀬古

 

  • この記事いいね! (44)