今夜BS-TBS 第4話「流通と農薬」

2016.10.28

BS-TBSによる5分番組「知っとく!ベジライフ2 教えて春日先生!」の第4話が今夜放送されます。

放送日 2016年10月28日(金)20時54分~59分
第4話 テーマ「流通と農薬」

春日氏が、子どもたちといっしょに八王子市内の小学校を訪問し、給食室の様子を見学します。

給食に使う野菜はどれも地場産の新鮮なものばかりです。

yasai-5

そこで子どもたちから「地産地消って、どんなメリットがあるの?」との質問。 
春日氏は思わず「教えて先生!」と叫びます。

(情報提供:農薬工業会

マーケティング部:中川

  • この記事いいね! (10)

第139回 秋田県種苗交換会_10/29~11/4

2016.10.28

東北営業、雨宮です。

寒さが一気に進んだかと思うと夏日になって また 寒さがきて、、、と体調管理が難しい中、少し体調を崩しかけております。皆様はいかがでしょうか?

さて表題にあります、イベントのご案内をさせて頂きます。

%e7%ac%ac139%e5%9b%9e-%e7%a7%8b%e7%94%b0%e7%a8%ae%e8%8b%97%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e4%bc%9a_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1

長い歴史をもつ「秋田県種苗交換会」、今年は湯沢市で開催されます。毎年、秋田県内の市が持ちまわりで開催しています。イベント期間中は、農業資材をはじめ、県内農産物の展示、出し物など行います。

詳細はHPリンクをご参照ください→こちら

現在の週間天気予報だと生憎の天候ですが、出展者の気持ちで変えていきたい思います!

東北営業:雨宮

  • この記事いいね! (9)

田圃_区画整理

2016.10.26

東北営業、雨宮です。

10月最初の日曜日、仙台市内は秋晴れでした。

このブログで最初に記事を書かせて頂いた「田圃の奥に仙台市内のビル群が見える道」を、ダイエットがてらランニングしました。

稲刈りをしている農家さんがいたりする中、来年から区画整理に入る田圃があります。

3

1枚 3反区画になるそうです(それ以上の区画もあるらしいです)。また、側溝も地下に通すみたいなのですが、、、仕事での私の経験上、作業した時に側溝で長靴など洗っていたので、地下に埋められると大変だなと思うのですが、詳細は不明との事。

2

私の知人も、来年から3年は区画整理で田圃は作れないと話していました。3年は長いですが、また美味しいお米を作って頂ければと思いました。

1

さて新米の季節、近年「土鍋」でご飯を炊く方が増えているように思います。料理はしてないですが、形から入る私としては、土鍋でご飯を炊こうかと思ったのですが、自宅にコンロがないので、まずはそこからだなと思いました。

東北営業:雨宮

  • この記事いいね! (15)

病害虫発生予察 第8号(九州地区より)

2016.10.25

九州地区の病害虫発生予察注意報が発令されています!

 

佐賀県 大豆、野菜類、花き類、果樹類 ハスモンヨトウ 佐賀注意報第2号 (9月28日)

佐賀県 普通期水稲(中晩生品種) トビイロウンカ 佐賀注意報第3号 (10月5日)

熊本県 トマト トマト黄化葉巻病 熊本注意報2号(10月5日)

 

ハスモンヨトウに効果のある弊社薬剤は、カスケード乳剤コテツフロアブルがあります。

詳しくは、各県の病害虫発生予察情報をご確認ください。

 

九州営業:渡辺

  • この記事いいね! (11)

丹波篠山 丹波黒大豆枝豆栽培⑦

2016.10.17

2016.10.15 晴れ

いよいよ、待ちに待った収穫の日が訪れました。

10月8日に黒大豆枝豆の生育状況を確認したところ、さやの膨らみも予想より早い為、予定していた10月22日の収穫を前倒しする事にしました。

 10月8日の状況                                                     1476632641088 1476632653677                                        この状況で2週間放置すると豆が大きくなりすぎてはじけてしまう恐れがあったので10月15日に収穫を決断しました。

 

10月15日                                                       dsc_0471 dsc_0477                                              早朝より、圃場から切り取った枝をブルーシートに集め手作業でさやをもぎます。                              通常は枝付きで販売しています。今年はお値段も高めになっている様子ですね。

 

dsc_0492 dsc_0493                                            気温は低いですが、日光が射して汗をかきながらの作業となりました。

 

dsc_0509 dsc_0510                                          選別しながらの作業。 虫食い、やせたさやは取り分けて作業を進めます。

 

dsc_0513 dsc_0521                                               目の前に切り取った枝が山のように積まれて収穫作業をこなします。(底が見えない状況が辛かったです。)

 

dsc_0541                                                                 切り取った枝の切り口を見ていただけますか                                             黒大豆枝豆は水分を吸い上げる力が強い為、吸い上げられた水分が溢れ出ています。※枝の色が濃くなっている部分が溢れ出た水分です。                                                                                  切り口の真ん中に水管が見えます。                                                                                     よく見ると切り口を見たらキウイの木を切った時の切り口に似てるような気がする。                                           キウイの木も切ると水管から水分が滴っています。

 

dsc_0527 dsc_0536                                            作業も順調に進み影も東の方角に伸びてきました。何とか圃場より全ての枝を切取り最後のもぎ取り作業となりました。ようやく底が見えてきたので気持ちも楽になりました。                                                         しかし、無くなってくるともう少し作業したい気がするのは私だけ?

 

dsc_0544                                                           もぎ取り作業も終了して作業場も撤収しました。                                                             おやおや、圃場の左側にまだ10株程残っています。これは12月まで放置して来年の種を作る為です。                                   ちなみに、作業後の枝は雑草の発生を防ぐために茶畑の合間に敷きました。ここでもリサイクルしてます。

 

こうして収穫した枝豆が                                             dsc_0525 dsc_0522                                                    どうですか、この膨らみ具合!表面が茶色くなるのが黒大豆枝豆の特徴です。

 

2016.5.5から始めた黒大豆枝豆栽培も本日をもって最後になりました。                                 この半年間、農作業・ブログ掲載をとおして作物を作る苦労・天候による管理・病害虫に対しての対応等を自ら圃場に立って経験出来た事は、大変良かったと思います。                                                       これからも機会があれば栽培シリーズを掲載していきたいと思っております。

長い間、お付き合い頂きありがとうございました。

食レポは・・・

関東営業 小笠原

  • この記事いいね! (30)