BASF Kids Lab 2017!

2017.08.10

皆さま、こんにちは。AP Strategic Marketingの河合です。

ワークショップ 「BASF Kids Lab 2017」
8月1日(火)~ 2日(水)の2日間、けやき坂1にて開催されました。
対象年齢は小学3年生から6年生。

イベントテーマは、
Clever Foodies
「かしこく食べよう!-フルーツ・やさい探偵団」

*ビタミンCのチャンピオンを探せ!
*フルーツ・やさいを調査せよ!
*ヘルシーレインボーを作り出せ!

今年初めて聴覚障がいの子どもたちも受け入れようと取り組みが行われることを知り、弊社の聴覚障がい社員(私を含め3人)がサポートするために参加させていただきました。

約120名の参加者の中で、4名の聴覚障がいの子どもたちが参加してくれました。

UDトーク(※)より、言葉を文字に変えるリアルタイム字幕を取り入れるなど実践的なワークショップとなりました。

ユニークな実験と化学の面白さ・不思議さを楽しく学びとった子どもたちの目が終始キラキラ輝いていました。

子どもたちにとって、有意義な夏イベントとなったようです。^^

※ UDトークとは
主に聴覚障がい者とのコミュニケーションを、パソコンや携帯電話を使って行うためのソフトウェアである。 ソフトウェア制作は、Shamrock Records,Inc (青木秀仁代表)。 JIS S 0042 (高齢者・障害者配慮設計指針)を参考に実装されている。音声認識をつかって文章を入力し、認識間違いを手で修正する形でコミュニケーションをとる。インターネットを介して、他のUDトークや連携アプリと接続し、文字情報を共有することができる。自治体から企業、大学に至るまで、様々な場所で導入されている。情報保障の1つとして採用されることもある。「UD=ユニバーサルデザイン」(Wikipediaより引用)

マーケティング部:河合

 

  • この記事いいね! (19)

BASFジャパンの子ども実験教室「“かしこく食べよう“ - フルーツ・やさい探偵団」

2017.08.10

子どもたちの「なぜ?」「すごい!」「楽しい!」に、たくさんの元気をいただきました!

8月1日、2日の2日間、六本木ヒルズの「キッズワークショップ2017」の一環としてBASFジャパンの子ども実験教室「“かしこく食べよう“ - フルーツ・やさい探偵団」を実施しました。コミュニケーション支援ツールを使用することで、ろう・難聴の子どもたちの受け入れ体制も整えた今年は、合わせて約120名の子どもたちにご参加いただきました。

初めて会うお友達とペアを組み、始めは緊張していた子どもたちですが、フルーツ・野菜という身近なものを使用した3つの実験や、グループでの予想、結果のディスカッションを通じて、みんなのキラキラな瞳はますますキラキラ、真ん丸に。 

「本物の研究者の人たちが使う実験器具が使えてうれしかった!」
「自分の予想と実験の結果が違った理由を考えるのが楽しかった!」
「実験をして、ふだんあまり食べないものにたくさん栄養が含まれていると知ってびっくりした!」

実験を楽しみ、夢中で“探求”する子どもたちの真剣な眼差しと笑顔に、実験教室の先生役をしたBASFジャパン社員一同、今年もまたたくさんの元気をいただきました。ご参加いただいた子どもたち、保護者の皆様、本当にありがとうございました!“かしこく食べて”、元気に夏を乗り切ってくださいね。

BASFジャパンの子ども実験教室について
https://on.basf.com/Co-kidslab

いつでもどこでも化学実験を。BASFの「バーチャル実験教室」日本語版
http://kidslab.basf.com/jp/virtual-lab

コーポレートアフェアーズ本部:北原

 

  • この記事いいね! (8)

「バーチャル実験教室」で化学の世界を体験しよう!

2017.08.07

BASFが社会貢献活動の一環としてグローバルで実施している 「子ども実験教室」。日本では、その誕生20周年を記念して、オンラインで化学実験が体験できる「バーチャル実験教室」の日本語版(http://kidslab.basf.com/jp/virtual-lab)をオープンしました!

BASFジャパンは、例年夏休みに、本社のある東京を中心に「子ども実験教室」を開催しています。化学実験を体験できるこのオンラインプラットフォームにより、「子ども実験教室」に参加できない子どもたちにも、場所や時間を限定せずに、化学の楽しさを体験してもらうことが可能になりました。

早速実験を体験しよう!http://kidslab.basf.com/jp/virtual-lab

「バーチャル実験教室」では、以下の3つの実験が日本語で体験できます。

・甘くなるパンの秘密を探ろう
「かしこく食べること」をテーマに、食物に含まれる栄養素や酵素による分解について学びます。

・汚れた水をきれいにしよう
シンプルな実験器具を使って、水の浄化をシミュレーションする実験です。

・赤い色移りのなぞを解き明かそう
洗濯物の色移りを防止する洗剤成分がどのように作用するのかについて学びます。

バーチャル実験教室について詳しくはこちら。https://on.basf.com/co-kidslab

コーポレートアフェアーズ本部:北原

 

  • この記事いいね! (6)

【プレスリリース】BASFとKaiima、EP™テクノロジープラットフォームを活用して、除草剤耐性の新たな形質を特定するための提携を発表

2017.08.04

BASFは、遺伝育種学テクノロジー企業のKaiima Bio-Agritechと、農業従事者の生産性を向上させる新たな雑草防除システムを開発するために、除草剤抵抗性の新たな形質の発見に向けて提携したことを発表しました。

除草剤は作物と養分、水、光の獲得で競合する雑草を防除します

プレスリリースの本文はこちらをご覧ください。

コーポレート・アフェアーズ本部:北原

 

  • この記事いいね! (8)