たまねぎの出芽(北見市)①

2018.03.15

【3月6日】
2月下旬に播種した「たまねぎ」が出芽時期となりました。 農家ハウス内には、ハウス1棟に1,000トレイ(448穴/トレイ)並べられて、乾燥防止に透明シート、シルバーシート(保温も含む)が掛けられてました。その上からもう一枚(ビニールでトンネル状にして)掛けられてました。温度は、30℃でしたが、ハウスの外はマイナス3℃。

【3月9日】
北見市では、大雨(降雨量:43.5㎜)により、たまねぎハウス内に水が入らないように、排水対策(播種したセルトレイが水没したら、たまねぎの出芽に影響する為)を実施したと話されていました。雪の後に、大雨。農業は、天候により、色々な作業が追加されます。

ハウス外からの写真

セルトレイの上に透明シート

その上にシルバーシート

ビニールトンネルで覆ってます

BASFジャパン㈱ たまねぎ登録薬剤として
除草剤:ゴーゴーサン乳剤モーティブ乳剤フィールドスターP乳剤
殺菌剤:カンタスドライフロアブルシグナムWDGストロビーフロアブル

北見市常呂町でも、たまねぎ播種も終盤でした。テンサイの播種は、3月1日から始まったようです。

BASFジャパン㈱ てんさい登録薬剤として
除草剤:フィールドスターP乳剤  殺虫剤:カスケード乳剤

農家さんの勧めから、常呂神社に。

LS北見(カーリング女子)の平昌五輪祝賀パレードが、3月21日に開催予定と聞きました。

 

北海道斜里郡小清水町からの斜里岳

北海道営業:芝本

 


  • この記事いいね! (33)